「くし形切り」とは?意味や使い方

【くし形切り】

【くし形切り】とは

『くし形切り』とは、玉ねぎやトマトといった筒型や丸い形の野菜などを縦半分に切り、さらに中央から放射線状に均等に切り分ける切り方です。

【くし形切り】の言葉の使い方

玉ねぎをくし形切りにする。りんごの切り方には、丸剥きをしてからくし形切りにするやり方と、くし形切りにしてから皮を剥くやり方があります。りんごをうさぎの飾り切りにするには、最初にくし形切りにする必要があります。

【くし形切り】の名前の由来

『くし形切り』とは、切ったものの形が「櫛」の形に似ていることから、この名前がつきました。