「こし器」とは?意味や使い方

【こし器】

【こし器】とは

「こし器」とは、液体の材料をこしたり、粉をふるう時などに用いる調理器具のこと。こし器には、すいのうと裏ごしがある。すいのうはだしをとる時など水分とその他のものを分離するのに使われる。裏ごしは、網目の部分の材質の違いで名称が異なるが、材料を滑らかにすることに使われる。

【こし器】の言葉の使い方

ポタージュように作ったスープをこし器でこす。ケーキに使用する薄力粉とベーキングパウダーをこし器でふっるっておいて。マッシュポテトはこし器で裏ごしした方が、滑らかで口当たりが良くなる。味噌をこし器でこす。

【こし器】の種類

《裏ごし器》芋類を裏ごしするもの、卵をこすものなど用途によって目の荒さが違います。

《味噌こし器》味噌汁を作るときに味噌をこすために使用します。

《スープこし器》じゃがいもなどの素材をこしてスープを滑らかに仕上げるために使用します。

《油こし器》ポテトフライや唐揚げなどを油から引き上げるときに使用します。