「さっと煮る」とは?意味や使い方

【さっと煮る】

【さっと煮る】とは

『さっと煮る』とは、葉物野菜等を茹でる時に使う用語で、ざっと火が通る位という意味で使われます。沸騰しているお湯でだいたい30秒から1分程茹でる際に使われる言葉です。素材のシャキシャキ感が残る位がちょうど良いです。

【さっと煮る】の言葉の使い方

ほうれん草やキャベツ、もやし等を茹でる時はさっと煮ます。沸騰しているお湯で1分程さっと煮ることで素材の旨味を逃さずに調理することができます。茹でた後にシャキシャキとした歯ごたえが感じられればちょうど良い固さの茹で具合です。