「ざく切り」とは?意味や使い方

【ざく切り】

【ざく切り】とは

『ざく切り』とは、そのなの通りザクザクとお野菜を切ることです。キャベツや葉もの野菜などを、約3〜4センチほどの長さに合わせてざっくりと切っていきます。お料理の炒め物や、なべ物の時にこの切り方をします。

【ざく切り】の言葉の使い方

キャベツをざく切りにします。まずは必要な分だけ1枚づつ丁寧にむいていき、水で洗います。芯の部分は固いので切って取り除きます。次に3〜4センチ幅で切っていきます。それを90度回転し、同じように3〜4センチ角に切っていきます。