「しぐれ煮」とは?意味や使い方

【しぐれ煮】

【しぐれ煮】とは

時雨煮(しぐれ煮)とは生姜を加えた佃煮の一種のこと。三重県の名産物「ハマグリ」を使った佃煮の「時雨蛤」というのが元来。「志ぐれ煮」とも言われる。「時雨蛤」とは江戸時代の俳人『各務支考』が名付けたものと言われている。

【しぐれ煮】の言葉の使い方

「時雨煮」は現在ではハマグリ以外でもあさり、牛肉、豚肉、牛蒡などを用いて調理されていることが多い。語源は様々な風味が口の中を通り過ぎることを一時的に降る時雨に例えたから、時雨の降る季節はハマグリが美味しくなるからといった色々な説がある。