「コルネ袋」とは?意味や使い方

【コルネ袋】

【コルネ袋】とは

「コルネ袋」とは、三角形の紙を巻き上げて作る絞り袋のことです。絞り袋と口金を使うよりもっと細く絞り出すことができるので、チョコプレートのメッセージなどに使うことができます。コルネ袋用のペーパーは製菓材料のお店で購入できますが、オーブンペーパーやクッキングシートでも代用可能です。

【コルネ袋】の言葉の使い方

お店で売られているパースデーケーキのように、チョコプレートに名前を書きたい場合は、コルネ袋を使うことがおすすめです。お家にあるクッキングシートで自分で作ることができ、アイシングを流して使えば、チョコプレートに簡単に細い字を書くことができます。

【コルネ】の由来

コルネとはフランス語で「角笛」という意味です。

料理で円錐形にしたものに使う言葉で、パンやパイを円錐形に焼いて中にクリームを詰めたものや、ハムやチーズを円錐形に巻いたものをコルネといいます。