「三杯酢」とは?意味や使い方

【三杯酢】

【三杯酢】とは

『三杯酢』とは、酢・しょうゆ・みりん(砂糖)を調合した合わせ調味料の総称で、和食において広く活用される万能だれです。それぞれ1:1:1の割合で合わせることからその名が付いたとされていますが、使用用途・料理によってその比率は変動します。

【三杯酢】の言葉の使い方

今夜のおかずにもう一品…箸休めにもお酒のあてにも活躍する小鉢の定番として「酢の物」がありますが、三杯酢の作り方さえ覚えておけば調理も単純・簡単です。酢・しょうゆ・砂糖を同量で合わせれば基本の三杯酢の出来上がり。塩もみしたキュウリとわかめに合わせたり、ボイルしたイカと玉ねぎのスライスに合わせたりと、様々な食材・調理に応用出来ます。そのままでも勿論美味しいのですが、味のしみ込みやすい食材を使用する際にはしょうゆを少なめにしたり、ご年配の方や小さいお子さんに用意する場合は酢を少なめにしたりと、シチュエーションに応じて分量を調節する事が出来るようになれば立派な料理上級者です。