「化粧塩」とは?意味や使い方

【化粧塩】

【化粧塩】とは

『化粧塩』とは、魚の焼き物の見栄えを良くするために、体の表面や尾びれ、背びれ、胸びれなどの焦げやすい箇所につける塩のことです。焼くと塩が乾き、化粧をしたように美しく仕上がることから『化粧塩』と呼ばれます。『飾り塩』とも呼ばれます。

【化粧塩】の言葉の使い方

魚を一尾そのまま焼くとき、身に火が通る前に尾びれや背びれ、胸びれが焦げてしまうことがあります。そういう時は焦げやすい箇所に前もって化粧塩をしておくことで焦げを防ぎ、見た目も化粧をしたように美しく仕上がります。