「塩をふる」とは?意味や使い方

【塩をふる】

【塩をふる】とは

『塩をふる』とは、食材に塩を適量ふりかけるということです。そしてその効果や目的は食材や調理目的によって変わってきます。魚などをの下ごしらえとしてふるときは臭みを抜くためですし、お肉の下ごしらえとしては、余計な水分をとって肉本来の味わいをしっかりするためなどさまざまです。

【塩をふる】の言葉の使い方

・まず下ごしらえとして魚に塩をふる。・塩をふることにより余計な水分を除くと共に下味を付けていきます。・塩をふると言ってもまんべんなく、むらなくふるには高さ30㎝位からふらないといけません。・塩をふるのを忘れると仕上がりの味が全体的にぼやけます。