「小房」とは?意味や使い方

【小房】

【小房】とは

『小房』とは、料理用語としてよく「小房に分ける」という言い方をされます。その意味は小さな房が集まったかたまりの野菜(ブロッコリーやしめじなど)の根本を包丁などで少し切り落とし、小さなかたまりに分ける下ごしらえの事を言います。

【小房】の言葉の使い方

ブロッコリーやカリフラワーなどを小房に分ける場合は包丁を使います。まず固い根元を切り落とし小房に分けます。切り分けた後のさらに大きい小房については茎の真ん中に縦に包丁をいれ均等に切り分けると、火の通りも均一に、見た目にも美しく仕上がります。しめじやえのきなどは石づきをのぞいたあと、手で裂くように小房に分けて下さい。