「小角切り」とは?意味や使い方

【小角切り】

【小角切り】とは

小角切りとは、こかくぎりと読み、角切りの切り方の一種類です。角切りとは、断面が正方形の棒状に切った食材を、さいころのような立方体状に切る切り方です。角切りで有名なさいのめ切りは1センチ角ですが、もう少し小さい角切りを、小角切りといいます。

【小角切り】の言葉の使い方

じゃがいも、にんじん、玉ねぎなどの野菜を小角切りの切り方に全て揃えると、ドライカレーを作ることができます。小角切りにすることで、大きさが揃い野菜の火の通りがほぼ同じになります。そして、小さい角切りなので加熱時間も短くてすみます。子供がいると小さく野菜は切った方が食べやすいので、小角切りはおすすめです。

【角切り】の種類

サイコロのように立方体にする切り方を角切りといいます。おもに○cmの角切りというように具体的な一辺の長さを使って表します。

中でも一辺が5mmのものをあられ切り、1cmのものをさいの目切りといいます。小角切りはさいの目切りよりもさらに小さく切ったものをいいます。