「氷水に当てる」とは?意味や使い方

【氷水に当てる】

【氷水に当てる】とは

氷水に当てるとは、冷たい状態で調理した方が材料の状態をよりよく保てるときに用いる作業です。大きめのボールに氷を入れ、別の一回り小さいボールに材料を入れて作業をすることです。生クリームの泡立てなどは、この方法を用いると泡立ちが早いですし、ババロアを作るときなどもゼラチン液の入ったものを氷水に当ててとろみをつけます。

【氷水に当てる】の言葉の使い方

生クリームを泡立てるときには、大きめのボールに氷を入れておき、大きめのボールに重ねて、別の一回り小さなボールに生クリームと砂糖を入れて泡立てて、ホイップクリームを作ります。最近はハンドミキサーを使うので素早いですが、手動で泡立てるときはやはり氷水に当てた方が早く出来ます。