「色紙切り」とは?意味や使い方

【色紙切り】

【色紙切り】とは

色紙切りとは、野菜の基本の切り方で正方形に薄く切る事を言います。日本ではあまり馴染みがない切り方ですが、西洋料理では、とてもよく使う、切り方です。色紙切りのスープフランス料理(ペイザンヌスープ)が有名です。

【色紙切り】の言葉の使い方

色紙切りは…言葉を聞くと、あまりピンと来ないかもしれませんが、短冊切りやイチョウ切と同様な使い方をすれば、バリエーションが増えると思います。薄く切ってあるので、炒め物、和え物、煮浸しなど、とても使い勝手の良い切り方だと思います。