「油の温度」とは?意味や使い方

油の温度とは、料理の中でも基本中の基本です。まず一番初めの基本はコロッケです、中はジャガイモなので火が通りやすく上げやすいです。油の温度は190度~200度です・(表面でパッと散るぐらいの温度です。)コロッケがあげれるようになったら次は、鶏肉唐揚げです。これは仲は生なので、温度はさきほどのと変わりませんが、中見に注意しながら焦がさないように揚げることです。

油の温度で基本は唐揚げやコロッケですが、その中でもとくに難しいのは、天ぷらなどが一番難しいんです。天ぷらというとただ普通に揚げるんでしょと思います。
かき揚げの場合は具剤を大きく切り、衣はフンワリ混ぜるようにしてします。そして一番の天ぷらを揚げる時は、コロッケのように一回でポンと入れるのではなくて、油の温度もコロッケより少し低めの180~190度、お玉などでそっと入れていくんです。そしてしばらく触らないことがコツです。すぐにさわると衣が崩れやすいです。