「味をととのえる」とは?意味や使い方

「味をととのえる」とは、調理の最後に、調味料などで全体の味を調整することを指します。
ですので、味をととのえる際、レシピに頼らず自分の舌で味を確認してみることが大切だと思います。味を確認しながら、調味料を少量ずつ加えて調整します。
味を「ととのえる」の漢字は「整える」ではなく、調味の「調える」です。

みそ汁やスープなどを例に挙げれば、まず、だしやコンソメなど味の決め手になるものを入れ、みそ汁なら味噌を、スープなら炒めたベーコンや野菜、といった感じに味を足していき、最後に、味を確認してから調味料などで少しずつ味をととのえていきます。