「バット」とは?意味や使い方

【バット】

皆さんは「バット」という言葉をご存知でしょうか。料理道具の一つで、料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「バット」の意味を解説させていただきます。

【バット】とは

バットとは食材に衣をつける作業や調理途中の食材を置きしたりするのに便利な料理道具です材質はホーローやステンレスなどあり大きさも大小様々そろっています同じサイズの網を用意すれば揚げ物の油をきるのに使うこともできます

【バット】の素材

〈ステンレス〉錆びにくいのでお手入れが簡単です。
〈ホーロー〉匂いも付きにくく、錆びにくいのでお手入れが簡単です。耐熱性がありオーブン料理にも使えます。
〈樹脂〉耐熱性のものだと電子レンジに使用できて便利です。

【バット】の使い方

・切った食材を入れておく。
・小麦粉や溶いた卵をいれて揚げ物の衣をつけに使う。
・蓋つきのものはそのまま冷蔵庫に重ねて保存できるので下味の漬け込み用に使うと便利。
・網がセットになっているものは揚げ物の油切り用として使う。
・ゼリーやババロアなどの流し型に使う。

【バット】の言葉の使い方

溶いた卵と小麦パン粉をいれたバットを用意しその中に順番に食材をくぐらせると食材に衣をつけることが出来ます蓋付きのバットであれば食材の保管にも使えますキッチンの広さや使い勝手によってバットの大きさや材質を選びましょう