「カラメル」とは?意味や使い方

カラメルとは、水と砂糖を加熱して出来た
キャラメル状のもののことを言います。
独特な苦味と甘さ、香ばしさが特長です。
そのまま食べるというよりは
醤油やブランデー、黒ビールなどの風味づけや
着色に使用されることが多いので
調味料と考えてよいと思います。

カラメルとキャラメルは同じなのかな?と
思われがちですが、違うものです。
キャラメルは、砂糖・水飴・バター・油脂などを
煮詰めた「お菓子」であり、
そのまま食べますが、カラメルは「調味料」として使われるので
そのまま食べることはあまりありません。
このように材料と用途が違います。