日本の料理

NO IMAGE 料理用語

「潮汁」とは?意味や使い方

『潮汁』とは、魚介の塩仕立ての汁物の事です。はるか昔は、海水を使用して汁物を作っていました。 塩を打って臭みを抜いた魚を、水から火にかけて味を調えます。最後にネギや豆腐を加えて仕上げます。 魚は、骨付きの物を使う場合が多いです。魚のアラ...
NO IMAGE 料理用語

「かば焼き」とは?意味や使い方

「かば焼き」とは、開いて骨を取った魚(鰻や穴子など)を串にさして醤油やみりんなどの合わせたタレをつけて甘辛く焼いたものです。または、調理法です。昔はそのまま串に刺し丸焼きしていた姿が蒲の穂に似ていることから蒲焼と言われたという説もあります。...
NO IMAGE 料理用語

「うま煮」とは?意味や使い方

『うま煮』とは、田舎煮とよく似ていますが、砂糖・味醂を主に、材料に応じて酒や醤油などを加えて調味します。「うま」の意味としては「旨み」を指しており、日本人に最も好まれる煮方と言われており、白米との相性が非常に良いです。 うま煮...
NO IMAGE 料理用語

「いとこ煮」とは?意味や使い方

いとこ煮とは、小豆や根菜、かぼちゃなどの野菜を煮た料理のことです。 使う材料は地域によって異なりますが、山形県、北陸地方、奈良県、山口県などの郷土料理になっています。 名前の由来は、煮えにくい材料から追々鍋に入れていくことから、おいおい...