このページの先頭です

女性の薄毛は原因多数?症状別の育毛剤の選び方のポイント

88views

投稿日:

原因別による薄毛の症状と改善策

びまん性脱毛症

女性の薄毛のタイプで多いのがびまん性脱毛症です。髪の毛の分け目がはっきりしてきたり髪のボリューム不足を感じたら、びまん性脱毛症の可能性があります。

主な原因は加齢やホルモンバランスの乱れが要因となり、抜け毛よりも分け目がはっきりしてきたり、髪の毛が細くなることで毛量が減ってくることが特徴です。女性用育毛剤を使うことで抜け毛や薄毛対策ができますが、サプリメントを併用することでより効果的に薄毛対策ができます。

血行不良

頭皮の血行不良が起こることによって、髪の毛に栄養が行き渡らないことが薄毛の要因となります。育毛成分としてはニンジンエキス、センブリエキス、ビワ葉エキスなどの成分がおすすめで、血行を促進しながら育毛に効果を発揮してくれます。

育毛剤の使用と併用して血行を良くするために頭皮マッサージをすることで、より薄毛対策の効果をアップさせることができます。お風呂上りに育毛剤を使った後、自分の指の腹で軽くマッサージをする程度でも効果があるのでおすすめです。

栄養不足

女性はダイエットをする人も多いですが、ダイエットをするあまり栄養不足になりがちな人も多いです。栄養不足により薄毛になることもありますが、対策としては女性用の育毛剤を使って外から栄養を与えるのと同時に、育毛サプリなど内側からの栄養補給も併用すると効果的です。毎日の食生活の見直しをすることも大切なので、栄養バランスの良い食事を食べるように意識しましょう。

頭皮環境の悪化

髪の毛にフケがついていたり、頭皮にかゆみや炎症があれば頭皮環境が悪いことが薄毛の要因となっている可能性があります。頭皮環境を良くするためにアミノ酸系の育毛シャンプーを使い、頭皮の状態を良くしてから女性用育毛剤を使うと効果的です。フケやかゆみは頭皮が乾燥すると薄毛になりやすいですが、市販のシャンプーで過度に洗い過ぎることで、逆に頭皮の状態を悪くすることもあります。

アミノ酸系の育毛シャンプーは頭皮に適度な皮脂を残してくれるので、頭皮の乾燥を防いで頭皮環境を改善してくれる効果が期待できます。頭皮を清潔な状態にした後、育毛剤で頭皮と髪の毛に栄養を与えることで、育毛サイクルを正常にすることができます。

男性型の薄毛

生え際やおでこの後退は男性型薄毛と同様ですが、原因の多くは生活習慣の乱れや体質によるものが多いです。育毛効果のある育毛剤を使うと共に、生活習慣を見直すことが大切です。ストレス、睡眠不足、偏った食生活、喫煙などの習慣があれば、改善するように意識しましょう。

育毛剤の選び方のポイント

女性用育毛剤を選ぶ

女性が女性用育毛剤を選ぶのは当たり前だと思っているかもしれませんが、男性用の育毛剤とは成分がことなるので女性が男性用の育毛剤を使用しても効果が期待できないことを知っておきましょう。男性用の育毛剤は皮脂過多に効果がある成分が配合されていることが多いので、女性に多い乾燥や血行不良などには効果が期待できません。

同じ育毛剤でも男性用と女性用は成分がことなりますし、女性用の育毛剤でも症状によって全く違う成分が配合されています。育毛剤を選ぶ時は女性用の物を選び、自分の症状に合ったものを使用することが大切です。

信頼できるメーカーの無添加品

市販の育毛剤を選ぶ時は信頼できるメーカーの商品で、できるだけ無添加の物を選びましょう。育毛剤は毎日使用する物なので、無添加素材の物の方が肌に優しいのでおすすめです。毎日育毛剤を使いながら、効果が出るのは約3ヶ月目以降となる場合が多いです。

効果が出るまではずっと使い続けるので、できるだけ地肌に優しい成分の物を選びましょう。育毛剤は数ヶ月間は継続して使用するので、肌に優しく安心して使用できるものを選ぶことがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA