このページの先頭です

育毛剤は効果があるの?市販の育毛剤のメリットとデメリット

62views

投稿日:

育毛剤の種類と特徴

医薬品育毛剤

薄毛に悩んで医療機関で診察をしてもらった時には、医薬品の育毛剤を処方してもらえます。医薬品の育毛剤は一般的なドラッグストアに売られている育毛剤に比べると、薄毛改善に効果のある成分が配合されています。

しかし男性に効果がある物が多いのが特徴で、プロペシアの成分は女性には効果がないだけでなく副作用があるので使用しないようにしましょう。薄毛改善のための治療用の育毛剤なので、医師の指導の下でしっかりと容量と用法を確認して使うことが大切です。

医薬部外品の育毛剤

医薬品の育毛剤は一般的なドラッグストアなどで購入できる育毛剤で、厚生労働省が認可した成分が配合されている育毛剤となります。効果としては抜け毛や薄毛対策が目的なので、直接的な薄毛治療とは異なります。しかし育毛にある程度の効果が認められていますし、副作用も少ないので誰でも気軽に利用できます。

女性は髪のボリュームが減ったり分け目が気になるなど、抜け毛よりも毛質や毛量の薄毛の悩みがメインとなります。そのため自分で頭皮環境を良くしながらケアをすれば、一般的な育毛剤でも一定の効果が期待できます。

市販の育毛剤の特徴

メリット

市販の育毛剤のメリットとしては、副作用が少ないので手軽に利用できることです。女性は自分の髪の毛の分け目が目立ったり、何となく髪の毛が減ってきたと感じるようになって、初めて薄毛対策をするようになります。一度気になりだしたらずっと意識してしまうので、市販の女性用の育毛剤を使ってケアすることで安心感が得られます。

女性用の育毛剤には薄毛の原因に対して、ピンポイントで効果的な成分が配合されている商品が多いです。例えば血行不良による薄毛に対しては、有効成分であるニンジンエキスやセンブリエキスが配合され、血行促進と薄毛に効果のある育毛剤となります。

女性の薄毛の原因にはいろいろな要因があるので、それぞれの症状に合わせて有効成分が配合されているので、市販の育毛剤でも効果を実感することができるのです。

デメリット

市販の育毛剤のデメリットは、自分の薄毛の原因が分からないと効果的な育毛剤が使用できないということです。女性が薄毛になる原因としては頭皮環境の悪化だけではなく、血行不良や栄養不足も関係ありますし、ホルモンバランスの乱れや加齢によっても薄毛になりやすいです。

女性は男性とは違って薄毛になる原因が様々あるので、原因に効果的な有効成分が配合されている育毛剤を使用できるかが問題です。女性の多くは加齢やホルモンバランスの乱れによるびまん性脱毛症が多く、全体の髪の毛のボリュームが少なくなる症状の人が多いです。

そのため育毛剤もびまん性脱毛症に効果的な髪の毛に栄養を与える成分の物を選んで使っていても、実際は血行不良が原因だと効果は半減してしまいます。

育毛剤の効果が出るのは髪の毛が伸びてくる3ヶ月以上経ってから分かるので、それまで効果の半減した物を使用し続けていることになります。自分の頭皮環境をしっかりとチェックしていないと、思っていたような効果が期待できないこともあります。

選ぶポイント

女性が育毛剤を選ぶ時のポイントとしては、薄毛の症状に合った物を選ぶことが大切です。また信頼できるメーカーで無添加の物があればおすすめです。育毛剤は毎日使い続けるものなので、少しでもお肌に優しい物を使用したいです。値段だけで選ぶのではなく信頼できるメーカーは実績もあるので、口コミなどの情報もチェックすることが大切です。

女性用と男性用では育毛剤の成分が違うので、必ず初めは女性用の育毛剤を使うことが大切です。女性がなりやすいびまん性脱毛症は、男性用の育毛剤ではあまり効果が期待できないので、使い続けても無駄に終わってしまう可能性があるので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA