このページの先頭です

使用する前にチェック!女性の育毛剤使用ポイント

46views

投稿日:

薄毛の種類を見極めよう

一言に「薄毛」といっても、様々な原因があります。男女共に原因となるストレスや食生活の乱れ、喫煙、加齢など以外にも、女性には妊娠、間違ったヘアケア、カラーリングやパーマなども薄毛の原因。

原因が違うにもかかわらず育毛剤を使用することで、反対に薄毛を進行させてしまう可能性もあるのです。育毛剤を使用しない方が良い薄毛の原因とは、どんなものがあるのでしょうか?

妊娠時・出産後の薄毛

妊娠時に、ホルモンバランスが大きく乱れることは珍しい現象ではありません。妊娠中·出産後には、抜け毛が増え、薄毛になってしまう女性もいます。しかし、この薄毛は自然なもので、多くの場合は一時的に起きている状態。無理に育毛剤や発毛剤でホルモンバランスを変えると、お腹の中の胎児や授乳中の赤ちゃんに影響を与えかねないため注意しましょう。

ヘアスタイルがいつも同じ

「全体のボリュームには大きく変化が無いものの、分け目を中心に薄毛になっている」という方は、いつも同じヘアスタイルではないでしょうか。常にセンター分け、常に髪を縛っているという方は、ヘアスタイルが薄毛の原因になっている可能性があります。育毛剤の前に、分け目を変えてみる、髪を下ろしてみるといったヘアスタイルの変更を試してみましょう。

無理なダイエット

多くの女性がダイエットを行っていますが、ダイエットのための食事制限が薄毛の原因になっている場合もあります。栄養を取らないあまり、髪の毛を育てるための栄養も頭皮に届かなくなってしまっているのです。特に、日本人女性の中で不足しているとされている栄養素は、発毛に必要な「葉酸」や「ミネラル」。

また、薄毛対策には「大豆イソフラボン」も必要だとされています。ローカロリーな野菜や、手軽に特定の栄養素が補給できる市販のサプリメントもあるため、ダイエット中であっても必要な栄養素の摂取は怠らないようにしましょう。

育毛剤は正しい使用方法で使いましょう

いくら高価な育毛剤や、必要な栄養成分が凝縮された育毛剤を使用しても、使用方法が間違っていれば、理想的な効果は得られません。育毛剤を使用する場合は、どんな点に注意すればいいのでしょうか?

リキッドタイプは頭皮を清潔にし髪を整えてから

頭皮に振りかけて馴染ませるリキッドタイプを使用する場合は、まずは普段使用しているシャンプーで頭皮を清潔にし、ドライヤーで髪の毛をしっかり乾かします。頭皮が汚れていたり濡れていると、頭皮に育毛剤が馴染みにくくなってしまうのです。また、普段からブラッシングは忘れずに。

髪をブラシなどでとかずに髪が絡まっている場合、シャンプーをしても汚れを落とし切れていない場合があります。強引に引っ張ると抜け毛の原因となる場合もあるため、日頃から優しく髪をとかし整えておきましょう。髪の長い女性は、髪全体に馴染ませる必要はなく、頭皮だけで十分です。

シャンプータイプは使い過ぎない

シャンプータイプの育毛剤も多く市販されています。普段使用しているシャンプーを変えるだけで、育毛剤を使用しているのと同じ効果が得られるとされており、手軽に使用できる育毛剤です。シャンプータイプの育毛剤はお手軽ですが、必要以上に使用しないでください。

余分な油分だけではなく、頭皮に必要な油分も洗い流してしまう可能性があるため、さっと洗い流すだけにしておきましょう。爪を立てたり強く揉みこむ洗い方も、頭皮を傷つけてしまう可能性があるため、優しく洗います。

女性用の育毛剤を使用しよう

市販されている育毛剤は、男性向けの育毛剤が中心です。手軽に購入することができる男性向け育毛剤ですが、女性が使用する場合は女性向けの育毛剤を購入しましょう。

ストレスや栄養不足など同じ原因の薄毛であっても、性別によってホルモンが違っており、薄毛改善の効果が得られないどころか、頭皮だけでなく体に悪影響を及ぼしかねません。女性の薄毛対策には、通販などを利用し、女性用育毛剤を使用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA