このページの先頭です

女性向け育毛剤の種類と購入する時のポイント

50views

投稿日:

女性向け育毛剤の種類と育毛剤を購入する時のポイント

内服(タブレット·錠剤)タイプの育毛剤

商品によっては、代謝を促進する効果を見込めるものもありますが、主な働きは「栄養補給」です。女性の薄毛や抜け毛の原因は、「血行不良」や「ホルモンバランスの乱れ」によって起こるといわれているため、それを改善するように成分が配合されています。

最近では、女性ホルモンと同じ働きを持つとされている大豆イソフラボンを配合したサプリメントも販売しています。手軽に摂取することができ、持ち運びもできるので、「面倒なケアは苦手」という方にはおすすめの対策法です。

外服タイプの育毛剤

女性の育毛に有効とされる特有成分を、直接頭皮に塗付してケアをします。朝と、夜のお風呂上がりに使用することが基本です。外服タイプは、栄養補給、血行促進、毛髪に直接アプローチができるため、内服タイプと比較すると圧倒的に効果が高いといわれています。

女性は、特に分け目の薄毛が気になりますよね。そんな老化現象からくる分け目の薄毛にも、直接アプローチをかけてくれる育毛剤が多く販売されています。最近では、副作用が少なく高い効果が実感できることから、漢方成分を配合するものが注目されています。

漢方は、「血行が悪い」という方や「身体の冷えが気になる」という方には特におすすめです。全身の血行を良くして、頭皮の血流を改善し栄養をいきわたらせる働きをしてくれます。

育毛剤を購入する時のポイント

育毛剤は様々なものが販売されていますが、できるだけ男女兼用のものは避けましょう。夫婦で一緒に使用したいと考えている方もいるかと思いますが、男女では薄毛や抜け毛のメカニズムに根本的な違いがあります。なので、せっかく購入して使用をしても「効果がイマイチ」ということにもなりかねないのです。

育毛剤を手に取る場合は、パッケージの説明書をよく読み、女性用と表記があるものを選ぶようにしましょう。それと合わせて、成分についてよく調べておくことも大切です。また、インターネットで購入する場合は、定期便の利用ができる販売店がおすすめです。定期便を利用することで、通常よりも安い値段で育毛剤を購入することができますし、自動的に送られてくるため、買いに行く手間も省けます。

販売店によっては自分でお届けの間隔を選択できたり、いつでも休止·解約の手続きができます。返金保証付きで、自分に合うか合わないかをゆっくりと試してから、購入を決められるプランを用意してあるところもあります。ただし、販売店によってシステムが異なるので、よく調べてから利用しましょう。

女性向け育毛剤の分類

市販や通販で販売している女性向け育毛剤。そのパッケージをよく見ると、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3つの分類がなされていることに気がつきます。育毛剤を選ぶ上で、この3つの違いについても覚えておくとよいでしょう。

医薬品

医薬品とは、厚生労働省から特別な許可を得ているものを指し、確実に効果を期待できるものです。ただし、効果が強力であることから、副作用の可能性は否定できません。医薬品である育毛剤の使用は「治療」にあたるため、医師や薬剤師などと相談した上で使う必要があります。

医薬部外品

医薬品ほど強力な治療効果は期待できませんが、効能を明記することを許されているのが医薬部外品です。人体に対する作用が緩やかなので、長期にわたってじっくりと使用することが理想的です。

化粧品

化粧品は医薬品でないため、効能を明記することができません。人体に対する作用が緩やかといわれています。効果は期待できますが、保証されたものではないということを頭に入れておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA