このページの先頭です

女性を悩ませる抜け毛の原因と効果的な育毛剤の使い方とは?

93views

投稿日:

多くの女性たちが悩む抜け毛の原因とは?

年齢を重ねていくと共に増える抜け毛や薄毛に悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。

女性の抜け毛の原因は男性の抜け毛よりも少し複雑で、髪の抜け方も男性とは異なっています。

女性の抜け毛が増える事を「びまん性脱毛症(もしくは女性型脱毛症)」と呼び、男性型脱毛症の多くは頭頂部や生え際を中心として薄くなっていくケースが多いのですが、女性の場合は特定の部分から薄くなっていくのではなく、髪の毛が細くなってしまったり、全体的に髪の毛のボリューム感が失われるケースが多い点が男性型脱毛症との大きな違いです。

女性ホルモン「エストロゲン」の減少

女性特有の抜け毛には女性ホルモンが大きく関係していると言われています。

女性ホルモンの分泌は20代の後半ごろにピークを迎え、その後年齢を重ねると徐々に減っていきます。

40代を過ぎて更年期と呼ばれる年代に差し掛かると卵巣から分泌される女性ホルモンである「エストロゲン」が急速に減ってきます。

エストロゲンの減少が髪の毛が生え変わる周期にも影響を及ぼし、健康な頭皮環境を保つのが難しくなってくるのです。

お子様を出産した後に髪の毛が大量に抜けた経験をお持ちの方もおられるかと思いますが、これもエストロゲンが関係しています。

しかし、出産後の抜け毛は一時的なものですので必要以上に心配する事はありません。

ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスも抜け毛に大きな影響を及ぼします。

ストレスを溜めると自律神経が乱れて血液の循環が低下し、健やかな髪の生育に必要な栄養がきちんと運ばれなくなります。

そうして抜け毛が増えてしまう上に、ストレスが男性ホルモンの分泌を増やしてしまい、エストロゲンの分泌が減ってしまう事で抜け毛に繋がると言われています。

また、ストレスは髪の毛を健やかに保つために必要な「亜鉛」を消耗してしまいます。

この事からもストレスは頭皮や髪の毛を健やかに保つには大敵と言えるでしょう。

抜け毛がストレスとなり、新たな抜け毛に繋がるという悪循環に陥らないように気を付けなければいけません。

生活習慣の乱れによる頭皮環境の悪化

生活サイクルが不規則で慢性的に睡眠時間が不足したり、激しいダイエットやアルコールの飲み過ぎ、タバコを吸う事も抜け毛に繋がってしまいます。

これらの習慣はストレスによる自律神経の乱れと同様に血液の循環を低下させ、頭皮環境の悪化を招いてしまうのです。

また、女性に多い冷え性や運動不足で血流が滞る事も抜け毛の一因となり得ます。

度重なるブリーチやカラーリング

髪のおしゃれを楽しむ上でよく用いられるブリーチですが、髪の毛の色素を抜くブリーチはヘアカラーやヘアマニキュアと比較すると髪の毛に与える負担が大きく、度重なるブリーチが頭皮に与える影響は無視できません。

髪のおしゃれを楽しみたいのであれば、ブリーチやヘアカラーよりは負担の少ないヘアマニキュアをおすすめします。

間違ったヘアケア

自己流のマッサージで頭皮を傷つけたり、シャンプーの方法に問題があるなど、間違ったヘアケアも抜け毛の原因となります。

また、髪の分け目を長年同じところにしているのも良くないため、定期的に分け目の位置はずらした方が良いでしょう。

女性にもAGAがある?

テレビCMなどでAGA(男性型脱毛症)は広く知られるようになりましたが、女性にもAGAがあるという事をご存知でしょうか。

男性ホルモンが変性して毛母細胞に入ってしまう事によって起こるのがこの女性のAGAで、男性のAGAと区別するために「FAGA」(Female AGAの略)と呼ばれています。

男性のAGA(男性型脱毛症)は、専門のクリニックで治療ができるという事がここ数年で認知されてきましたが、FAGAによる女性の抜け毛や、びまん性脱毛症(女性型脱毛症)による抜け毛も専門のクリニックで診察や治療を受ける事ができます。

クリニックではどんな事をするの?

FAGA」や「びまん性脱毛症(女性型脱毛症)」の診察や治療を行っているクリニックでは、はじめにファイバースコープを使った頭皮のチェックやカウンセリングを行い、今後の治療方針について話し合います。

その後、薄毛の状態によって内服薬や育毛剤を使ったり、植毛や発毛といった外科的治療を行います。

育毛剤って本当に効果があるの?

抜け毛や薄毛が気になってきた時の対策として、市販の育毛剤を選ばれる方も多いでしょう。

しかし、育毛剤だけに頼り切って髪の毛や頭皮のケアを怠っていてはその効果も半減してしまいます。

本来、育毛剤は髪の毛を新しく増やすのではなく、成長しきる前に抜け落ちてしまっていた毛を減らし、健やかな髪を育てて発毛を促進するという役割を持っているからです。

育毛剤は頭皮の血流を促したり、頭皮を健やかに保つ事によって髪を健康に育てる効果を期待できます。

ただし、髪の毛にはヘアサイクルと呼ばれる生え変わりまでの周期があり、短期間では効果が現れるにくいため長期間に渡って使用する必要があるでしょう。

育毛剤の効果的な使い方は?

クリニックで処方される育毛剤はお医者さんの指示や説明書きの通りに使いますが、市販の育毛剤の使い方は概ね似ています。

育毛剤を使う前にはきちんと丁寧にシャンプーする事が重要です。

まずは正しいシャンプーから

まず蒸しタオルを巻いたり湯船につかったりして頭皮の毛穴を開かせてから体温程度のお湯を使って予洗いしましょう。

次に泡立てたシャンプーで洗っていきますが、爪は立てずに指の腹を使って細かく動かすようにして洗います。

十分にすすいだ後、お好みでリンスやコンディショナーを使いますが、シリコンは毛穴詰まりの原因となりますので頭皮には付けないように注意しましょう。

すすぎは十分過ぎるぐらい念入りに行い、こすらないようにタオルドライを行います。

その後ドライヤーを使って乾かし、最後に冷風で髪のキューティクルを整えます。

頭皮の乾燥を防ぐために、乾ききらないうちにドライヤーは止めましょう。

育毛剤の正しい使い方

育毛剤は頭皮に付けるのが基本です。

髪の毛には付けないようにしましょう。

また、大量に使ったからといって髪が生えやすくなる事はありません。

液状の育毛剤は頭皮を伝って流れてきますので、一度に沢山付け過ぎないようにしましょう。

少しずつ付けてその都度頭皮を優しく揉み込むのが良いでしょう。また、分け目などの部分はしっかり目に付け、マッサージやドライヤーは頭皮にしっかりと育毛剤を沁み込ませてから行いましょう。

今すぐできる抜け毛対策

クリニックの受診は気が引けるという方でも、今日から実践できる抜け毛対策を始めましょう。

生活習慣の改善

先述の抜け毛の原因となる生活習慣にも気を付けて、少しずつでも改善する事をおすすめします。

激しいダイエットは避けて睡眠時間はなるべく多く取り、お酒やタバコの量も減らしましょう。

ストレスを溜めない生活を心がけ、自分に合ったストレスの対策を見つける事も大切です。

冷え性や血行不良を防ぐために夏場であってもきちんと湯船につかって体を温め、血流を促しましょう。

運動で汗を流すのも効果的です。

女性ホルモンの減少からくる抜け毛にはホルモンバランスを整える事が重要ですが、生活習慣の改善とストレス解消はホルモンバランスを整える効果も期待できます。

亜鉛を摂取する

タンパク質の代謝を促す作用のある亜鉛を摂ると皮膚や髪を健やかに保つ効果が期待できます。

亜鉛は体内では生成できないため、食品やサプリメントなどで上手に補給しましょう。

亜鉛を多く含む代表的な食材は、牡蠣や小麦胚芽、豚のレバーなどです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA