このページの先頭です

男性の薄毛とは違うの?薄毛の悩み解消と育毛剤の活用法!

39views

投稿日:

薄毛の特徴

男女別の薄毛の特徴の違い

薄毛でイメージするのが男性のように抜け毛による髪の毛の減少を思い浮かべることが多いですが、女性の薄毛は抜け毛よりも髪質が細くなることによるボリュームダウンが主流となります。男性の薄毛の原因は、脂性や皮脂過多が要因となることが多いです。毛根の毛穴に汚れが詰まることによって、育毛サイクルが乱れて髪の毛が生えてこなくなります。

女性の薄毛の要因はいろいろあり、血行不良、ホルモンバランスの乱れ、頭皮環境の悪化、加齢、体質、栄養不足など、様々な要因が考えられます。女性に多い薄毛はびまん性脱毛症で、主に加齢やホルモンバランスの乱れによって、髪の毛が細くなることで薄毛になっていきます。男性と女性とでは薄毛になる要因が違うことが考えられるので、薄毛対策では症状に合わせた対策が必要です。

男女別の育毛剤の違い

薄毛改善に効果的な育毛剤ですが、男女別に成分の異なる育毛剤となっています。男性の薄毛の主な原因となる皮脂過多は、育毛サイクルが悪くなることで薄毛になります。そのため頭皮と髪の毛に効果的な成分が配合されている商品が多いです。女性用の育毛剤の特徴としては、主に乾燥を防ぐような潤い成分が配合されていることが多いです。

びまん性脱毛症は今までと同じ髪型をしているのに、分け目が目立つようになることで薄毛だと気づきます。びまん性脱毛症は加齢やホルモンバランスの乱れによるものが多いので、乾燥による頭皮環境の悪化が薄毛になりやすいです。

そのため乾燥を防ぐ成分が配合されている物が多く、美容にも効果があるので女性が使いやすい商品となります。育毛剤は男性用と女性用では成分が異なるので、とりあえず男性用の育毛剤を使って様子をみようと思っても、女性には効果がないことが多いので注意しましょう。

女性用育毛剤の特徴と薄毛改善

頭皮の状態をチェック

女性用育毛剤を使う前に、自分の頭皮の状態を知ることが大切です。薄毛の原因を特定することは難しいですが、いくつかの症状が当てはまれば薄毛の原因が特定できるかもしれません。分け目が目立つようなり、加齢やホルモンバランスの乱れが気になればびまん性脱毛症の可能性があります。

フケやかゆみを感じるようになった、冷え性の人、ダイエットを始めたことによる栄養不足、子供の頃から髪の毛が細いなど、それぞれの症状によって頭皮の状態をチェックできます。どの症状も薄毛になる可能性があるので、薄毛対策をする前に自分の頭皮の状態をチェックすることが大切です。

頭皮の状態に効果的な育毛剤を使用

育毛剤は頭皮の状態によって最適な物を使うことが大切なので、自分の頭皮環境をしっかりとチェックしましょう。フケやかゆみの症状が気になる人は、皮脂過多による頭皮環境の悪化が考えられます。

市販のシャンプーで洗い過ぎると必要な皮脂まで洗い流してしまうので、育毛シャンプーを使うなどの対策も必要です。そして頭皮と髪の毛に栄養を与えられる育毛剤を選ぶことで、太くて健康的な髪の毛に蘇らせることができます。

栄養不足の人は栄養のある育毛剤と育毛サプリを摂取したり、昔から細い髪質の人はアミノ酸系の育毛シャンプーを併用して、髪の毛に栄養を与えながら育毛剤を使うと効果的です。それぞれの症状に合った育毛剤と、併用すれば効果が上がるシャンプーやサプリもあるので、上手に活用しましょう。

育毛剤を使う時の注意点

育毛剤を使う時の注意点は、できるだけじっくり長く使用して効果が出るのを待つことです。髪の毛は1日に約0.3mm程度しか伸びないので、髪の毛が生えてきたことが分かるのは2~3ヶ月くらいしてからです。そのため毎日しっかりとケアをしながら、長く使い続けることが大切です。

育毛剤を効果的に活用するには、自分の頭皮環境をチェックしてから状態に合った最適な育毛剤を使うことが大切なのです。すぐに効果が出るものではないので、毎日しっかりと薄毛対策と育毛ケアを意識しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA