このページの先頭です

血行不良・女性ホルモン・加齢|薄い分け目の原因に効果的な育毛剤

40views

投稿日:

原因別で見る薄い分け目の原因に効果的な育毛剤

血行不良が原因

男性型脱毛症の原因の上位としてもよく挙げられる血行不良は、女性型脱毛症を引き起こす原因でも上位に挙げられる要因です。血行不良は主に生活リズムや栄養不足などによって起き、特に働く女性に多く見られる症状です。血行不良が発生することによって、育毛を司る毛根や毛母細胞に健全な血流が届かず滞り、これが発毛を阻害する要因に。

特に、分け目部分など頭皮が目立ちやすい部位を中心に薄毛や抜け毛などの症状として現れやすくなります。こういった血行不良を原因とする薄い分け目に効果的な育毛剤が、血行促進効果を持つタイプの製品です。

代表的なものとして、ミノキシジルやセンブリエキスなどの成分が主成分として配合されたタイプの育毛剤がおすすめです。こうした有効成分には、頭皮に浸透させることによって毛細血管内部の血液の流れを促進し薄毛や抜け毛の原因を改善する効果が期待でき、特に塗布しやすい分け目に効果的です。

女性ホルモンが原因

女性特有の脱毛症の最も多い発症原因に当たるのが、女性ホルモンです。エストロゲンに代表される女性ホルモンは、女性らしい身体作りを行う上で欠かせない体内成分であると共に、髪を作り出す働きを担っています。何らかの理由でこの成分の絶対量が体内で不足してしまった結果、抜け毛や薄毛など女性特有の症状として発現します。

女性ホルモンを原因とする薄い分け目部分に効果的な育毛剤を選ぶポイントとなるのが、女性ホルモンのバランスを整える成分が含まれているかどうか?という点です。例えば、女性専用の育毛剤に含まれる有効成分の1つに大豆イソフラボンがあり、これは頭皮を通じて体内に摂り入れることによって、女性ホルモンと似通った働きを行い育毛をサポートします。

また、女性ホルモンが減少すると共に急増するのが男性ホルモン。ご存知無い方も多くいらっしゃいますが、実は女性の身体の中でも男性ホルモンは生成されており、このホルモンはエネルギーの増進や骨量の増加、筋力維持など主に健康な身体作りに欠かせない働きを担う一方で、育毛を阻害し抜け毛を助長する働きも有しています。

これを抑える効果を持つプロペシアという成分が含まれている育毛剤を利用することで、女性ホルモンの増進を助けると共に、女性ホルモンの増加を妨げる男性ホルモンの分泌を抑制できます。

加齢が原因

どれだけ日頃からお手入れを実践していても、加齢という現象に伴い身体は衰えを見せ始めます。加齢は身体に様々な影響をもたらし、中でも女性ホルモンの減少や細胞分裂の低下、血流の低下や毛根の衰えなどが代表的で、これらはいずれも薄い分け目となってしまう大きな原因にも。

この加齢に起因する薄い分け目や抜け毛などの症状を軽減する働きを持つのが、プラセンタエキスやヒアルロン酸などのアンチエイジング成分と、身体の栄養素としても有名なアミノ酸です。

これらの有効成分を含んだ育毛剤を日常的に活用することによって、加齢による薄毛を軽減すると共に、アミノ酸の働きによって強制的に毛根などの組織が求める栄養素を補う効果が期待できます。また、合わせて血行促進の効果を持つ有効成分が含まれた育毛剤を選ぶことができれば、更なる効果も十分に期待できるでしょう。

症状に合わせたベストな有効成分選びがポイント

女性型の脱毛症も、女性ホルモンを要因とする症状をはじめ、加齢や栄養バランスの欠如など、様々な理由が存在する複雑な症状です。このため、例えば女性ホルモンの欠如によって発症している薄毛に対し、加齢による効果が覿面な育毛剤を使ったとしても満足な効果は得られません。

要するに、それぞれの症状とその原因に対応した効果を持つ育毛剤を使ってこそ初めて、その効果が実感できるというわけです。最近、薄毛や分け目部分の頭皮が目立ってきたという方は、まずはその原因が何かをしっかりと確認した上で、その対策として育毛剤選びを行うことをおすすめします。

通販で販売されているものでも構いませんし、市販されている育毛剤でも構いませんから、原因に的確に対応した製品選びが重要なポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA