このページの先頭です

女性用育毛剤の効果とは?選び方や効果的な使い方も解説!

137views

投稿日:

女性用育毛剤は育毛効果があるのか?

薄毛というと、男性に多い症状というイメージが強いですが、女性の中にも薄毛に悩んでいる方はたくさんいます。

現在の社会では、ストレスを受けることが多くなっており、それが抜け毛や薄毛に繋がってしまいます。

そして、抜け毛や薄毛対策として、育毛剤を使う女性は増えています。

そこで気になるのが、実際の育毛剤の効果になります。

「育毛剤はどのような仕組みで育毛効果を発揮しているのか?」、「育毛剤は発毛効果があるのか?」ということを思う方はいるかと思います。

育毛剤の主な効果は、抜け毛を減らし、健康的な髪を育て、髪の毛が生えてきやすい環境を作ることになります。

つまり、育毛剤は健康的な髪を直接生やす効果はなく、頭皮の血流を促したり、髪に良い栄養素を頭皮に与える効果などにより、頭皮環境を整えて間接的に育毛効果を発揮させる物になります。

そして、市販の育毛剤には男性用と女性用があり、女性用育毛剤には女性ホルモンの働きをサポートする成分が配合されています。

そのため、女性は男性用ではなく、女性用の育毛剤を使用するようにしましょう。

育毛剤の効果を得るのに必要な期間とは?

髪の毛やムダ毛などの毛には、毛周期というサイクルが存在します。

その毛周期とは、毛が生え変わるサイクルになり、成長期·退行期·休止期の三つの段階で成り立っています。

成長期とは、髪の毛が生えたり伸びたり太くなったりする期間になり、退行期とは、少しずつ髪の毛の成長がなくなっていく期間になります。

そして休止期とは、髪の毛の成長が完全にストップし、寿命を迎えた髪の毛が日々の生活の中で自然に抜け落ち、新しい髪の毛が生えてくるまでの準備期間となります。

髪の毛の多さは個人差があるため、髪の総本数は人それぞれ違ってきますが、一般的な髪の総本数は10万本~12万本といわれており、髪の毛11本のヘアサイクルは異なっています。

毛周期は人それぞれ異なりますが、一般的な女性の髪の場合は、成長期は4年~6年、退行期は1~2週間、休止期は3~4ヶ月といわれています。

現在ある髪の毛が抜けて、新しい髪の毛が現れるまでには36カ月必要になるといわれているため、育毛剤の効果を感じるには36カ月かかります。

そのため、育毛剤を使用しても、すぐに効果を実感できる訳ではなく、毎日継続して育毛剤を使うことによって育毛効果を実感できるようになります。

効果を感じないからといって12ヶ月で育毛剤の使用を止めるのではなく、毎日コツコツと育毛剤を使い続け、気長に育毛効果を待つことが大切になります。

後悔しない育毛剤の選び方について

主な女性用育毛剤の種類とは?

育毛剤といっても様々なタイプの育毛剤が販売されています。

頭皮の血流を促すことにより育毛効果を発揮する育毛剤や、髪の毛を生成する毛母細胞に働きかけ、毛母細胞の働きを活発にする育毛剤、薄毛の原因となっている男性ホルモンの生成を抑える育毛剤、過剰に分泌される皮脂を抑える育毛剤など、様々なタイプの育毛剤があります。

その中でも、女性用育毛剤は主に血流を促すタイプ毛母細胞に働きかけるタイプになっています。

そして、男性ホルモンの生成を抑えるタイプや過剰な皮脂の分泌を抑えるタイプは主に男性用育毛剤となっています。

体質は人それぞれ異なるため、様々な体質に対応できるようにたくさんの種類の育毛剤が売られています。

抜け毛や薄毛対策には、自分の体質に合ったものを使うことが重要なため、自分に合った育毛剤を使用して効率的に薄毛を改善させましょう。

多くの女性用育毛剤には血流を促す成分が含まれている

女性の薄毛のタイプは主に、髪の分け目が薄くなる·頭頂部が薄くなる·全体的に薄くなる·赤ちゃんを産んだ後に薄くなる·丸い形や楕円形にハゲているなどになります。

これらの薄毛になる原因は、日頃の生活習慣やストレス、体質や女性ホルモンの変化など様々なことが考えられます。

そして、それらの原因の多くは、頭皮の血流が悪くなることや、女性ホルモンのバランスが崩れることと関係しています。

血液は酸素や栄養素を運ぶ役割があるため、頭皮の血流が悪くなると、髪を生やしたり成長させたりするのに必要な栄養素が頭皮に届きにくくなってしまい、髪が全体的に薄くなったり、分け目が薄くなったりしてしまいます。

女性の薄毛の原因の一つが血行不良であることから、市販されている多くの女性用育毛剤には、血流を促進させる効果が期待できる成分が含まれています。

その成分以外にも、乱れたホルモンバランスを整える効果が期待できる成分が含まれている育毛剤も販売されています。

そのような育毛剤は、産後や更年期の女性ホルモンの変化による抜け毛や薄毛対策としておすすめになります。

育毛剤の効果を十分に引き出す方法

清潔な頭皮の状態を保つこと

効果的といわれている育毛剤を使っても、頭皮が皮脂や埃などで汚れていたら、育毛剤の成分を十分に浸透させることができません。

そのため、頭皮を清潔な状態に保つことが大切になります。

育毛シャンプーやスカルプシャンプーなどで頭皮を清潔な状態に保つと良いでしょう。

これらのシャンプーは刺激が少なくなっていますが、シャンプーのしすぎは髪に余計なダメージを与えてしまい逆効果となるので、シャンプーによる洗髪は11回までにしましょう。

頭皮が清潔になれば、育毛剤の成分は浸透しやすくなるので、育毛剤の効果を十分に引き出すことが可能となります。

眠る前に育毛剤を使うこと

22時~2はゴールデンタイムといわれており、成長ホルモンの分泌が多くなる時間になります。

体の成長や修復には成長ホルモンを分泌させることが必要で、髪の成長にも成長ホルモンが必要になります。

そのため、夜更かししないで、遅くても24時までには眠るようにし、眠る前には育毛剤を使うようにしましょう。

生活習慣を見直すこと

育毛剤の効果を十分に引き出すには、日々の生活習慣を見直すことも必要になります。

栄養バランスの悪い食事、ストレス、夜更かし、毎日お酒をたくさん飲む、タバコを吸う、これらは抜け毛や薄毛の原因になります。

そのようなことをしていると、育毛剤を使っても十分な効果を得ることは難しくなります。

髪を作る原料となっているのは栄養素なため、栄養バランスを考えて食事をすることが大切になります。

特に、大豆には髪に良い良質なタンパク質とイソフラボンが含まれているので、積極的に大豆製品を摂ることをおすすめします。

その他にも、ビタミンやミネラルなどもバランス良く摂るようにしましょう。

そして、ストレスは血流を悪くする原因になるので、趣味や運動で上手にストレスを解消するように心掛けましょう。

次に夜更かしは、睡眠不足の原因となるため髪の毛に良くなく、お酒はアルコールを分解するのに栄養を使うため良くありません。

タバコは、ニコチンの影響で血流が悪くなります。

以上のように、先程説明した生活習慣は薄毛の原因となるので、悪い生活習慣を改善させることが育毛剤の効果を十分に引き出すことになります。

これらの他にも、髪の分け目を変えて頭皮の負担を減らしたり、日傘や帽子を使って頭皮に紫外線を浴びないようにすることも薄毛対策となるので、覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA