このページの先頭です

女性向け育毛剤は自分の「推し」を見つけよう!

51views

投稿日:

自分だけの「推し」育毛剤を見つける

薄毛に悩まないように毎日のシャンプーやヘアケアはしっかり行うということもありますが、家族と一緒に住んでいるような人であれば自分専用の自分の髪·頭皮にあったシャンプー·リンスを使うのではなく家族と一緒のシャンプーを使っているようなことも多いでしょう。

ですが家族であっても髪質や頭皮の状態は異なりますから、家族それぞれ自分にあった好みのシャンプーを使うことが好ましいです。また、それはシャンプー·リンスだけでなく育毛剤も同じです。父親や配偶者が使っている育毛剤をシャンプー感覚で安易に使用してしまうと頭皮の荒れや健康被害につながってしまうこともあるものです。

特に女性が男性の育毛剤を使うことは注意が必要です。男性用育毛剤は男女共有で使えるものもありますが、男性しか使用できないものもあります。男性のみ対象の育毛剤は女性の妊娠·出産に大きな影響を与えてしまうような成分が含まれていることもあるので、男女共有で使えるとはっきりしていないものであれば使わないことが賢明です。

また、どの育毛剤が女性も使えるのかわからないのであれば、きちんと女性向け育毛剤だと記載されているものを選ぶようにもしましょう。女性は男性と違って遺伝が原因で薄毛になっているようなことは少なく、ストレスや頭皮の乾燥、血の巡りが悪いことなどが原因になっていることが多いです。

ですから保湿成分にこだわりがあったり、頭皮の乾燥を防ぐ効果のある育毛剤を選びましょう。また、男性ほど皮脂の汚れが溜まっておらず、べたつきも感じないようであれば、弱酸性で洗浄力よりも保湿力が高いものを選びましょう。自分だけの「推し」育毛剤を見つけることが抜け毛予防·薄毛予防にもつながります。人が良いから自分も使う、ということで選ばないようにもしましょう。

改善したいならヘアケア製品を使いすぎない

頭皮にかゆみがあったり抜け毛が多くなったり、気になる症状がたくさん出てきてしまったような時はそういった症状を少しでも改善できるように色々なヘアケア製品を使うというようなこともあるでしょう。ですがヘアケア製品は頭皮の状態を整えるものであったり、健康な頭皮に働きかける美容成分が含まれているだけで荒れた頭皮を正常に戻すような治癒効果はないことがほとんどです。

逆に弱っていて荒れている頭皮に高濃度の美容成分を与えることで頭皮状態がどんどん悪化してしまうということも考えられるので、早くに改善させたいと思ってもヘアケア製品の乱用はやめるようにしましょう。また、頭皮状態が良くならないようであれば皮膚科に相談に行くのも良い方法です。

皮膚科に行っても抜け毛や薄毛はすぐには改善できませんが、高濃度の成分で荒れた頭皮状態を治す薬を処方してもらえるので、健康な頭皮にするという抜け毛予防のスタートラインに戻ることができるものです。

そして皮膚科で育毛剤を出されるような時も、健康に害のない成分のものが出されるので安心です。市販の育毛剤に迷う時や、自分の頭皮に合っているのかがわからないような時は対策として皮膚科の指示にも従ってみましょう。そして女性の場合、薄毛が気になるのは分け目部分であることも多いです。

分け目を決めてピンで留めていたり、いつも同じヘアスタイルでいるような人はいつも同じ部分にだけ髪に負担をかけていることにもなるので、分け目用の育毛剤を使っている時は分け目をいつもとは変えてみるというのも良いです。

何気ないピンを使ったヘアアレンジが頭皮や髪の負担になっているということもあるので、自分の髪の扱いが雑になっていないかどうかということにも注意していくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA