「大名おろし」とは?意味や使い方

【大名おろし】

【大名おろし】とは

大名おろしとは魚を三枚におろす方法の1つです三枚おろしが刃先を背中側からと腹側から入れておろすのに対し大名おろしは背中側から刃先を腹側に抜いた状態で一気におろします三枚おろしよりも骨に多く身を残してしまうため贅沢なおろし方として大名という言葉がついています一方一度刃を入れると片面をおろしてまえるので時間効率はとても良い方法です

【大名おろし】の言葉の使い方

夫が鯵を大量に釣ってきたのでですが三枚おろしをするには小さ過ぎて時間もかかるため大名おろしで三枚におろしました中骨に身がたくさん残ってしまいましたが全て唐揚げにして骨ごと美味しくいただきました