「出刃包丁」とは?意味や使い方

【出刃包丁】

【出刃包丁】とは

出刃包丁とは主に魚を捌くために使用する日本の伝統的な包丁(和包丁)です出刃省略される事もあります魚の頭を切り落とす三枚におろす魚の鱗を取る魚の骨を処理するといった用途から最近では肉を切る事にも用いられます刃渡りは10cm~30cmと色々あり片刃のものが一般的です骨を切るため刃の幅に厚みがあり鋭く他の包丁よりも重みがあるのが特徴です

【出刃包丁】の言葉の使い方

出刃包丁を使用すれば魚を三枚におろし刺身を作る事が可能です切れ味の衰えてきた出刃包丁を砥石で研ぐ事で元の切れ味に戻ります大きな魚な大きな出刃包丁で小ぶりな魚は小さな出刃包丁と使い分ける事がポイントです