「ひと塩」とは?意味や使い方

【ひと塩】

【ひと塩】とは

ひと塩とは調理前に魚や肉などの素材にさっと薄く塩分を含ませる処理のことを言います素材に軽く塩をふりかけたり薄い塩水に短時間つけることで全体に程よい塩分をつけますそうすることにより余分な水分を抜き素材の臭みを取ることができます

【ひと塩】の言葉の使い方

焼き魚を調理する事前にひと塩する事によりぐっと旨味が増します新鮮な魚であれば調理直前に鮮度が良くなかったり臭いが強い魚は10分程前にひと塩をすれば良いでしょうひと塩した長時間放置してしまうと水分がすぎて身が固くってしまうので気を付けましょう