「ふし麺」とは?意味や使い方

【ふし麺】

【ふし麺】とは

ふし麺とは麺類の製造工程で出来る麺の切れ端のことです麺生地を伸ばして行く作業である程度の長さになった麺を更に引き伸ばすのに2本の棒にかけたそれぞれのUの字状に曲がったところをいいまあまり一般的に販売されておりませんが通常の素麺に比べて太くモチモチと強いコシがあります以前は麺を製造する地元でしか食べられなかったものが最近はお土産として販売されるようになっています

【ふし麺】の言葉の使い方

素麺のように茹でてつゆでいただくこともできますが茹でて洗ったふしをお味噌汁の具として食べることもお手軽な方法ですまた茹でたふしをマカロニや春雨に代えてふしめんサラダとして野菜や茹で卵とマヨネーズであえて食べるのも美味しいです