「いちょう切り」とは?意味や使い方

『いちょう切り』とは、野菜の切り方です。丸い切り口の野菜を、皮を剥いてから縦に十字に切り、切り口を下にして端から直角に切っていきます。切った形がいちょうの葉の形に似ていることからこの名前がつきました。

大根と人参をいちょう切りにする。
いちょう切りにした野菜を使って、豚汁を作ります。
半月切りにしたものを、さらに半分に切ったものがいちょう切りです。
半月切りよりもいちょう切りの方が、具材に火が通りやすいです。