「炒め煮」とは?意味や使い方

【炒め煮】

皆さんは「炒め煮」という言葉をご存知でしょうか。調理法の一種で、料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「炒め煮」の意味を解説させていただきます。

【炒め煮】とは?

『炒め煮』とは、炒めると煮るを合わせた調理法で一度食材を油で炒めてからだし汁を加えて酒、しょう油、みりんなどの調味料で味付けする方法です。

はじめに炒めることで素材の旨味を閉じ込めてさらに煮ることで味に深みを与えてくれます。

【炒め煮】の読み方

炒め煮の読み方は「いために」と読みます。

【炒め煮】に向いている食材

どんな材料でも使える調理法ですが、煮込み料理のように食材をじっくり煮込むのではなく、野菜の触感や風味を残したいときに最適な調理法です。きんぴらやオクラやピーマンなど食感も楽しみたい食材を料理するときに向いているといえます。

【炒め煮】の言葉の使い方

炒め煮で調理をしたゴボウとニンジンのきんぴらは旨味がぎゅっと閉じ込められてとても美味しいです。炒め煮をすると味がよくしみこんでいて白いご飯に合ったおかずになり、日本食には欠かせない調理法だと思います。