「板ずり」とは?意味や使い方

「板ずり」とは、さっと洗った材料をまな板の上に置いて、塩を全体にうっすら隠れるくらいふり、手のひらで押さえながら前後にころがして、こすりつける下ごしらえです。材料、主に野菜の色がさえて、野菜本来のアクもとれます。

サラダに良く使うきゅうりは、「板ずり」をするときゅうりの緑色がよく出て、アクもとれます。きゅうりの場合、「板ずり」をした後、軽く塩を洗い流して切ると良いです。もちろん、まな板に残った塩も洗い流しましょう。オクラもゆでる前に「板ずり」をすると色がきれいに出ます。「板ずり」した時に少しチクチクするうぶ毛が取れて下ごしらえに良いです。