「いとこ煮」とは?意味や使い方

いとこ煮とは、小豆や根菜、かぼちゃなどの野菜を煮た料理のことです。
使う材料は地域によって異なりますが、山形県、北陸地方、奈良県、山口県などの郷土料理になっています。
名前の由来は、煮えにくい材料から追々鍋に入れていくことから、おいおい=甥甥が語源になっている説や、材料を別々に煮ることから、めいめいに煮る=姪姪など諸説あります。

今日の夕食は、小豆とかぼちゃを使っていとこ煮を作ることにしました。
普通の鍋で作ると小豆が柔らかくなるまで時間がかかるので、今回は圧力鍋を使って短時間で完成させます。
小豆とかぼちゃの自然な甘さで子供も喜んで食べてくれるメニューです。