「治部煮」とは?意味や使い方

【治部煮】

【治部煮】とは

治部煮とは石川県金沢市を代表する加賀料理郷土料理一つです鴨肉又は鶏肉をそぎ切りした物に片栗粉や小麦粉を薄くはたき醤油みりん酒等で味をつけただし汁の中でさっと火を通しますその後ニンジンキノコ類セリなどの季節の野菜と金沢名物すだれ麩を加えて煮ますそれを器に盛り薬味のワサビを添えて供します

【治部煮】の言葉の使い方

治部煮の治部とは安土桃山時代のキリシタン大名として有名な高山右近が加賀藩前田家にいたころにもたらされた欧風料理フランス料理の野生動物料理ジビエから来ているジブジブ鴨肉を鍋で煮る音から来ている豊臣秀吉の兵糧奉公戦国時代・戦の時に食材を運ぶ輸送隊として仕えていた岡部治部座衛門が朝鮮から持ち帰った等諸説あり興味深い料理で昔から加賀百万石の人々に愛されている郷土の味です