「重曹」とは?意味と使い方

【重曹】

【重曹】とは

重曹とは料理に役立つ性質を持ったものですふくらし粉としての性質や食材を柔らかくする性質がありますタケノコやワラビなどの山菜のあく抜きの際に利用することもできますまた飲み物に混ぜることで病気予防にも役立ちます

【重曹】の言葉の使い方

山菜のあく抜きに重曹が役立ちます重曹を入れ過ぎると失敗するので分量に注意する必要がありますタケノコのあく抜きの場合皮をむいてから鍋に入れ水1リットルに重曹小さじ1杯の割合で入れます510分煮込んだら冷ましてから冷水に入れますこれを23回繰り返すとあく抜き完成です