「角切り」とは?意味や使い方

『角切り』とは、食材を比較的大きなサイズで立方体に整えて切る方法です。
『角切り』で切ると、大きさが均一なので調理時間が比較的短く済み、味付けや食感もムラなく調理することができます。
又形が整っているので、見栄えが大変良くなります。

食材を『角切り』で切って調理する料理はたくさんあります。
ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎ、肉を角切りにして調理する「カレー」や「シチュー」、豚ブロック肉を形よく角切りにして調理する「豚の角煮」、
そして今が旬のカボチャを大き目の角切りにして調理する「かぼちゃの煮物」などがあります。
どれも煮込み料理で味が均等に染み渡り『角切り』ならではのレシピです。