「かくし包丁」とは?意味や使い方

かくし包丁とは野菜や肉、魚等の食材に薄く切れ込みを入れる事を言います。そうする事に寄って煮込み料理等では短時間で食材の中まで味がしっかりと染み込ませる事が出来ます。お皿に盛り付けたときに切り込みを入れた部分を裏側にする事で見栄えをよくさせます。

かくし包丁の一番分かりやすい使い方だと、おでんの大根を煮込む際に大根に薄く切れ込みを入れる事です。そうする事によって柔らかく、おでんの出汁をしっかり吸った美味しい大根になります。
またブロッコリーを茹でる際、切ったブロッコリーの茎の部分に軽く切り込みをいれると、茹で時間の短縮になります。