「からいり」とは?意味や使い方

からいりとはフライパンに油を引かずに材料を炒めることです。
こんにゃくやおからなどの水分を飛ばし、食感をよくしたり、だしや調味料の味をより浸み込みやすくしたりする下処理です。
また、材料に軽い焦げ目をつけて香ばしさをだしたりします。

こんにゃくの炒めものを作るには、こんにゃくをスプーンで一口大に切り、フライパンでからいりする。この時フライパンには油を引かないでおきます
こんにゃくの水分が飛んだら、だしの素、さとう、しょう油をいれ、水分がなくなるまで炒め最後にゴマ油をまわしかけます。
鷹の爪を入れるとピリ辛になって大人向きの味付けになります。