「からくさ切り」とは?意味や使い方

からくさ切りとは、飾り切りの一種で、材料を唐草模様のような形に切る切り方のことを指します。主にイカや、大根などの野菜などに用いられ、切り込みを斜めに入れ水分を吸わせることで丸まります。刺身の大皿料理や会席料理の飾り付けに使われます。

大根をからくさ切りにする場合は、茎を使用します。根葉から葉を除いて茎だけにし、10cm程度の長さにそろえます。包丁を斜めに寝かせ切り込みを入れます。その後、縦方向に薄く切り離し水に浸けます。

イカの場合も同様に、斜めに切り込みを入れた後、縦方向に細く切り離します。その後湯に通して加熱すると丸くなります。