「飾り塩」とは?意味や使い方

飾り塩とは、化粧塩(けしょうじお)とも呼ばれ、魚を焼く時に、焦げてなくなりがちな尾びれや背びれなどに塩をつけて、焼いてもひれが残り、仕上がりを美しくするため用いる塩のことを言います。文字通り味付けの塩ではなく、外見を美しくするための塩になります。

京都の賀茂川にある川床で食べた鮎は味付けもさることながら、焼いて無くなってしまうような尾びれや背びれにも飾り塩がつけられ、見た目も堂々とした姿を保っていた。化粧塩とはよく言ったもので、あたかも役者の化粧のような役割を塩が担っていたのだ。