「ころものニ度づけ」とは?意味や使い方

【ころものニ度づけ】

【ころものニ度づけ】とは

『ころものニ度づけ』とは、カツやフライといった揚げ物を揚げる際、ころもを二回つける調理法のことを指します。やり方は非常に簡単です。通常と同じように小麦粉、卵、パン粉と順番につけていき、その後また卵に浸してパン粉をまぶすだけです。食材にころもがしっかりとつくだけでなく、カラリと揚がる効果もあります。

【ころものニ度づけ】の言葉の使い方

カツやフライなどの揚げ物をサクッとおいしく挙げたい場合は、ころもの二度づけを行うと一度つけるだけよりもカラリと仕上がります。ころもの二度づけを行うときは、二回目の卵浸しはさっと通すだけにしましょう。そのほうがおいしく仕上がります。