「練り切り」とは?意味や使い方

【練り切り】

皆さんは「練り切り」という言葉をご存知でしょうか。和菓子の一つで、和菓子好きの方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「練り切り」の意味を解説させていただきます。

【練り切り】とは

練り切りとは和菓子の種類の一つで白あん砂糖山芋みじん粉などのつなぎを加えて練り上げたあんを原料として作られた生菓子の事です白あんに色を加えることで四季折々の草花や風景を作り出すことができお茶席やお祝いの場などでも振舞われています

【練り切り】の読み方

練り切りは「ねりきり」と読みます。

【練り切り】の注意点

材料としての「練り切りあん」そのものを言う場合と「練り切りあん」で作り上げたお菓子を言う場合、両方とも「練り切り」と呼ぶので注意が必要です。

【練り切り】の言葉の使い方

練り切りは和菓子職人がヘラを使い繊細な細工を施して作り出されます色彩豊かで美しくそれ自体が芸術作品和菓子の中でも最上級なので上生菓子とも呼ばれています江戸時代後期あたりには作られており献上品などの特別なおくり物としても重宝されていました

タイトルとURLをコピーしました