「2度揚げ」とは?意味や使い方

【2度揚げ】

皆さんは「2度揚げ」という言葉をご存知でしょうか。調理法の一種で、料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「2度揚げ」の意味を解説させていただきます。

【2度揚げ】とは

2度揚げとは150℃から160℃の低めの温度で中まで火が通るようにじっくりと揚げたあと180℃から190℃の高温で表面がカリッとするまで揚げることです2回目の高温で揚げる際は長時間上げる必要はありません

【2度揚げ】する料理

2度揚げをする料理といえば唐揚げが代表的ですが、フライドポテトやポテトチップスは2度揚げした方がカラッとして食感が良くなります。
魚の唐揚げの場合は種類によって2度揚げすると骨まで食べられるようになります。

【2度揚げ】の言葉の使い方

家庭で美味しい唐揚げを作る際に2度揚げは必要です2度揚げをすることによって中はジューシーで外はカリカリの唐揚げに仕上がるのです高温で上げる際は長時間揚げ過ぎると焦げる心配があるのでサッと揚げることがコツです