「落し蓋」とは?意味や使い方

【落し蓋】

皆さんは「落し蓋」という言葉をご存知でしょうか。調理法の一種で、料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「落し蓋」の意味を解説させていただきます。

【落し蓋】とは?

落し蓋とは煮物料理をするときに使うふた、もしくはキッチンペーパーやアルミホイルのことです。煮物の味をつけた後に食材の上に蓋をします。煮汁が急になくなったり、少ない煮汁でムラがなく煮れるような役目をしている料理道具です。

【落し蓋】の読み方

落し蓋の読み方は「おとしぶた」と読みます。読み方ではありませんが、落し蓋のことを「さしぶた」ともいいます。

【落し蓋】の代用品

落し蓋には木製や金属製、プラスチック製のものがありますが、家に落し蓋がない場合、これらのもので代用可能です。

アルミホイルやクッキングシート、キッチンペーパーで落し蓋をする場合は鍋よりすこし小さめにして、何か所か穴を開けましょう。アルミホイルやキッチンペーパーは料理のアクを取ってくれる効果もあります。

【落し蓋】の効果

落し蓋をすると蒸発を防いでくれるので少ない調味料で煮物をつくることができます。味のムラもできにくいし、煮崩れも防いでくれます。煮る時間も短くなるので省エネだし、時短にもなります。

【落し蓋】の言葉の使い方

煮物料理をするときに、野菜を切り、水、出汁を入れて火が通ったら砂糖、醤油、みりんで味を整えます。弱火にして落としぶたをして、味が染み込むまで弱火で煮ます。
というように煮物料理をするときに落し蓋を使うと、まんべんなく味が染み込みやすくなります。