「パイ皿」とは?意味や使い方

【パイ皿】

皆さんは「パイ皿」という言葉をご存知でしょうか。料理道具の一つで、料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「パイ皿」の意味を解説させていただきます。

【パイ皿】とは

パイ皿とはお菓子や料理を作る際に使う皿のことです平たくて丸くて円形の薄い皿のことを指しますステンレスやアルミ箔や陶器など様々な材質でできておりオーブンやトースターを使う時にそれぞれに合う材質を選んで使います。

【パイ皿】の素材

〈ブリキ製〉低価格で手に入ります。焼き色が綺麗に出ます。錆びやすい素材なのできちんと乾燥させて保存する必要があります。湿気の多い場所での保存もお勧めしません。

〈アルミ製〉熱伝導率がよく、初心者でも扱いやすい素材です。サビがでる可能性もあるので洗った後はしっかり水分を拭き取りましょう。

〈ステンレス製〉熱伝導率が悪いので型から外しにくいのがデメリットです。オーブンシートを敷いておくと使いやすいでしょう。錆びにくくお手入れが簡単です。

〈耐熱ガラス製〉食卓にそのまま出せるおしゃれな素材です。電子レンジでも使えるので器を変えずに温め直しができるなど汎用性があります。

〈使い捨てタイプ〉アルミ製で一回使用したら使い回しはできません。お持たせ用に作るときは便利です。また、お手入れの手間がないので時々しか使わない人にもお勧めです。

【パイ皿】の言葉の使い方

アップルパイを作る時には普通の平たいお皿を使うと割れてしまうことがあるので耐熱であるガラス製の皿やステンレス製の皿を使います今では100円ショップでもパイ皿を買うことが可能であり使い捨てなのでとても便利です