「ペースト」とは?意味や使い方

【ペースト】

皆さんは「ペースト」という言葉をご存知でしょうか。料理をする方なら聞いたことのある方も多いと思います。

この記事では、「ペースト」の意味を解説させていただきます。

【ペースト】とは

ペーストとは、肉や野菜などの食材をすりつぶしたり裏ごししたりして練ったもののことです。

パンに乗せてそのまま食べたり、スープでのばしてソースとして使ったり、離乳食として活用したりできます。

【ペースト】の種類

一般的によく聞くのはレバーペーストです。鶏や豚のレバーを玉ねぎ、生クリーム、スパイスなどと練り上げて作ります。カナッペやパンにのせて食べます。

さつまいもを裏ごしして作るペーストはスイートポテトなどのお菓子の材料として使います。作るのが簡単で、甘くて食べやすいので離乳食としても人気です。

トマトペーストはシチューやカレーのこくを出すために隠し味として使ったり、パスタのソースに使ったりできます。色々な料理に使えますし多くのメーカーが市販品を出しているので家にストックしておくと重宝します。

【ペースト】の言葉の使い方

ペーストを作るためにかぼちゃは柔らかくなるまで茹でますペーストを作るためにはまずフォークでつぶして行きますフォークでつぶしたらここからフードプロセッサーを使い滑らかになるまでペースト状にしていきますなめらかになったら完成です

タイトルとURLをコピーしました