「三枚おろし」とは?意味や使い方

【三枚おろし】

【三枚おろし】とは

『三枚おろし』とは、魚を右・左・中の3つに身を分けることです。はじめにうろこを落とし、次に魚の頭を切り落とし、とワタ(内臓)を取り除いてから、包丁を尾の方から中骨に沿わせながら入れて骨を挟んで上下の身に分けます。

【三枚おろし】の言葉の使い方

三枚おろしをするときには、内臓を掻き出すときにかなりの血が出るのでまな板を汚すのが嫌な方は切り開いた牛乳パックを使うことをオススメします。また、三枚におろした時の背骨の部分はトースターでカリカリに焼くと簡単な骨せんべいになって美味しいです。