「ささがき」とは?意味や使い方

【ささがき】

【ささがき】とは

ささがきとは、ごぼうや人参のように細長い食材をまわしながら鉛筆を削る要領で薄く削ぐ事をいいます。形状が笹の葉っぱに似ていることでささがきと呼ばれるようになりました。ささがきをする事で、固い食材でも中まで火が通りやく、味が入りやすくなります。きんぴらや炊き込みご飯などを作る時に使われます。

【ささがき】の言葉の使い方

私は色々な切り方の中で一番ささがきが苦手です。きんぴらを作る時はだいたい千切りにして、いつもささがきから逃れています。ささがきが苦手な方は最初は皮むき器で練習してみると良いみたいなので、少しずつ練習してささがきが出来るようにコツコツ頑張りたいと思います。